補助金を最大限に活用するには締切スケジュールの把握が重要

2021年もはや10月半ばとなりました。
本年も多くの補助金が募集されています。
そのうち、本年で終了するものもあれば、一部は来年も募集されるものもあります。

しかし、来年募集されても、予算額が大幅に減れば、採択される可能性は低くなってしまいます。
今年応募できる補助金については、今年中に申請したほうが無難でしょう。
今回はこれから直近に締切を迎える補助金についてお伝えします。

持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

小規模事業者等が経営計画を作成して取り組む、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組、およびその取組に資する感染防止対策への投資を支援

補助上限額:100万円
補助率:3/4

(公募スケジュール)
第4回締切 2021年11月10日(水)
第5回締切 2022年1月12日(水)
第6回締切 2022年3月9日(水)

ものづくり補助金

中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援

補助上限額:100万円~1,000万円
補助率:中小1/2、小規模2/3

(公募スケジュール)
8次締切 2021年11月11日(木)(一般型・グローバル展開型)

IT導入補助金

中小企業・小規模事業者等が自社の課題やニーズに合ったITツールの導入を支援

補助上限額:30万円~450万円
補助率:1/2

(公募スケジュール)
通常枠・低感染リスク型ビジネス枠とも
4次締切 2021年11月17日(水)
5次締切 2021年12月中予定

事業再構築補助金

中小企業の新分野展開、事業転換、業種転換、業態転換、又は事業再編という思い切った事業再構築に意欲を有する中小企業等の挑戦を支援

補助上限額:100万円~1億円
補助率:1/2 〜 3/4(事業規模や申請内容によって異なる)

(公募スケジュール)
第4回締切 2021年11月下旬見込み
第5回締切 2022年2月上旬見込み

  1. L&Cサポート株式会社
  2. ブログ
  3. 補助金を最大限に活用するには締切スケジュールの把握が重要